研究概要

物理・材料科学領域 / 物質科学科物理分野では,物理学およびその学際領域の基礎知識を基に,新材料の開発,物質のミクロ構造解析,物質機能の解明,粒子多体系としての物質の理論的解明,物質の根源である素粒子の研究など多種多様な研究を推進しています。

物質の構造と物性研究

原子配列や電子状態などミクロなスケールでの物質の構造を調べるとともに,その構造が物質の性質や機能とどのように結びついているのかを明らかにします。このような研究は,新材料開発の基礎を与えます。

機能性物質の創成

超伝導,磁性,透明導電材料などの機能性物質の電気的・磁気的性質がどのようなメカニズムによって発現するのかを究明し,新しい機能や特性を持つ新材料の創製を目指します。

量子物理の理論的研究

電子やクォークの量子多体系を記述する理論の構築,固体など巨視的な物質の性質を解明するための統計力学的,計算物理学的研究を行い ます。

ページの先頭へ