大学院 博士前期課程
自然科学研究科 理工学専攻 物理・マテリアル工学コース

教育目標

物理学の基礎から応用までの知識を有し,種々の物理現象や機能の発現機構の解明,先進金属材料・エネルギー関連材料の創成,先進材料を用いた電子デバイスの開発等を行う高度技術者・研究者を育成します。

入学後の教育

本コースでは,新規電子デバイスおよび新材料の開発,物質のミクロ構造解析,物質機能のメカニズムの解明,粒子多体系としての物質の理論的解明,物質の根源である素粒子の研究など多種多様な研究を推進しています。本コースは理学および工学分野から構成され,基礎から応用まで,また学際的領域にわたり幅広く学ぶことが可能です。研究を通して深い専門知識と広い視野を持って,自ら考え,解決する能力を身につけた人材を育成します。

専攻分野の体系的知識・技術や研究方法を習得するための科目の他,専攻に関連する幅広い分野の基礎的素養を涵養する科目も配置しています。理学系・工学系共に,理論系科目(電子物性理論,ソフトマター,素粒子論)および実験系科目(磁性・光学・金属,材料,電子デバイス)を学ぶことができ,理学系・工学系のどちらに基盤をおいても原理・理論から応用・実践までを習得できる科目配置となっています。
カリキュラムこちら

研究内容・修士論文タイトル

準備中

取得学位

所定の単位数を修得した上で修士論文についての研究成果の審査及び試験に合格した学生に対して修士(総合理工学),修士(理学)または修士(工学)の学位を授与します。

ページの先頭へ