カリキュラム

物質科学科・物理分野では,物質の基礎と応用を物理学の視点から学びます。初年次は主として物理学の基礎科目を修得し,2年次から物理学の専門科目とともに,材料科学の専門科目を履修していきます。これらの履修に基づいて,卒業研究では,素粒子論から新素材開発まで,物質に関する幅広い研究分野を選択することが出来ます。

物理系コースの学習・教育到達目標とその達成度評価 (学内専用)
学習・教育到達目標を達成するために必要な授業科目の流れ (学内専用)

物理系コースの主な講義

物理数学

微分積分学,ベクトル解析など物理法則を表現するために必要となる数学の講義です。

物理学

物理学の柱である,力学,電磁気学,熱・統計力学,量子力学を講義と演習により学びます。基礎を学んだ後に素粒子論や相対性理論などの専門的な講義も用意されています。

材料科学

金属,鉄鋼,半導体,超伝導体など様々な材料の性質を学びます。材料の機能,特徴を物理学の基礎を使って理解します。

物理学実験

物理学,材料科学の講義で得た知識を実際に体験し理解します。また,実験結果の発表を通してプレゼンテーション技術を習得します。


カリキュラム年次履修表

「物理系コース」において,必修となっている授業科目および物理分野として履修を推奨している授業科目の年次履修表です。

こちらをクリックしてご覧ください。

注)卒業するためには,他に教養科目などを履修する必要があります。
注)在学生は,必ず学生便覧などで確認してください。

ページの先頭へ