教育コース概要(大学院)

博士前期課程(物理・材料科学コース)

教育目標

入学後の教育

物理・材料科学コースでは、物理学およびその学際領域の基礎知識を基に、新材料の開発、物質のミクロ構造解析、物質機能のメカニズムの解明、粒子多体系としての物質の理論的解明、物質の根源である素粒子の研究など多種多様な研究を推進しています。本コースは、理学および工学分野から構成され、基礎から応用まで、また学際的領域にわたり幅広く学ぶことが可能です。研究を通して深い専門知識と広い視野を持って、自ら考え、解決する能力を身につけた人材を育成します。→ カリキュラムこちら

博士後期課程(数理・物質創成科学コース)

教育目標

入学後の教育

数理・物質創成科学コースは、理学系分野としての数理科学、物理学、化学と複合科学としての材料科学、およびそれらの境界領域の教育研究を行います。今、理工系分野には、自然現象の解析・解明や理論的体系化を進めていくこと、さらに、新たな産業と技術文明を開いていくことが期待されています。また、地域に密着した新技術の創出により地域産業振興に貢献することも求められています。これらの使命を果たしていく上で、数理科学、物理学、化学に代表される基礎科学の重要性はますます増してきています。そこで、本コースでは、これら基礎科学に関する理学分野の教育研究と、 それらを基盤とした新機能材料の開発や化学反応の制御による新物質の創成をめざした材料科学に関する教育研究を行います。

ページの先頭へ