本文へスキップ

〒690-0852島根県松江市西川津町1060

研究概要profile

宮本研究室では、極限環境に耐える材料の開発を目指しています。

研究テーマ

材料開発は、材料の中で起きている現象をよく観察することから始まります。当研究室では、核融合炉環境に代表される高エネルギー粒子線照射下で起こる材料の特性変化を、ミクロな観点から調べています。

  1. 加速器付き電子顕微鏡によるイオン照射損傷過程のその場観察に関する研究
  2. プラズマ対向材料の表面変質とガス吸蔵・放出特性に関する研究
  3. プラズマ診断用ミラー材料の光学特性劣化挙動に関する研究
  4. プラズマ対向材料表面のその場診断法の提案に関する研究
  5. 高温プラズマ閉じ込め装置における対向材料の微視的損傷に関する研究
  6. 高エネルギー自己イオン照射下におけるヘリウムバブルの動的挙動に関する研究

主な共同研究機関

  1. 核融合科学研究所
  2. 日本原子力研究開発機構
  3. 九州大学(応用力学研究所)
  4. 大阪大学(超高圧電子顕微鏡センター)
  5. 京都大学(化学研究所、原子炉実験炉、エネルギー理工学研究所)
  6. カリフォルニア大学サンディエゴ校
  7. アルゴンヌ国立研究所

実験機器

国際的にも珍しいイオン照射装置直結型電子顕微鏡をはじめ、多数の独創的な実験装置を用いて研究しています。詳しくはこちら

島根大学
総合理工学部物質科学科
宮本研究室

〒690-8504
島根県松江市西川津町1060
総合理工学部一号館
4階 426室

TEL/FAX 0852-32-6448