北川研究室 島根大学
広瀬温泉(島根県 安来市 広瀬町)

月山山麓自然休養村・富田山荘

月山の湯 憩いの家

月山富田城跡からの広瀬町

概要

安来市広瀬町は,戦国時代,山陰の雄・尼子氏の本拠地として繁栄した。難攻不落を誇った月山富田城を中心とする飯井梨川周辺の城下町は,初代出雲藩主・堀尾吉晴が1607年に松江城を築城するまでは,山陰の政治の中心であり『山陰の鎌倉』とも呼ばれた。広瀬温泉は月山の麓から涌出した温泉であり,薬効の高いお湯が特徴。

泉質:アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
pH:不明
泉温:52.2℃

入浴した施設

  • 月山山麓自然休養村・富田山荘(300円)
  • 月山の湯 憩いの家(200円)

感想

富田山荘の露天からの眺めは最高です。休憩室も充実しています。月山富田城跡にも登りました。かなりきつかったですが,眺めは素晴らしいです。

ページの先頭へ
島根県の温泉へ
温泉トップへ