シャトーおだか(鳥取県 米子市 尾高町)


概要

米子市東部に位置する伯耆・尾高城は鎌倉時代に築かれたと推測されており,戦国時代は東西交通路の要所として栄え,西伯耆の軍事上の中心地であった。 「シャトーおだか」は尾高城跡の近くにある観光ホテル。湯は温泉ではないが,新潟県栃尾又温泉付近で産出された溶解性風化鉱物を溶かし込んだものである。大山の見える大浴場が自慢。

泉質:鉱泉以外の沸かし湯
pH:
泉温:

入浴した施設

  • シャトーおだか 「夢の湯」(300円)

感想

柔らかな温めのお湯で気持ちいいです。景色も素晴らしいです。

訪問 2011年7月

ページの先頭へ
中国・四国地方の温泉へ
温泉トップへ