蛇骨湯(東京都 台東区)

概要

浅草のシンボル「雷門」から西に徒歩5分,細い路地を入った奥にある。江戸時代から続いている都内屈指の歴史を持つ温泉銭湯。 江戸時代にこの一角に「蛇骨長屋」と呼ばれる長屋が存在し,ここに銭湯を作ったのが始まりとされる。 黒褐色透明の「黒湯」と呼ばれる温泉である。

泉質:重炭酸ソーダおよびメタけい酸冷鉱泉
pH:8.3
泉温:18.1℃

入浴した施設

  • 蛇骨湯(800円 手ぶらセット,サウナ付)

感想

下町の温泉銭湯です。蒲田の黒湯はコーラのように黒かったですが,こちらは紅茶のような透明度でした。タオルやシャンプーひげそりが付いた「てぶらセット」が出張者には優しいです。

訪問 2014年3月

ページの先頭へ
その他の地域の温泉へ
温泉トップへ