北川研究室 島根大学
亀嵩温泉(島根県 奥出雲町)

概要

亀嵩は松江や米子と奥出雲を結ぶ交通の要所に位置しており,松本清張の小説「砂の器」の舞台として有名。亀嵩温泉は,信仰の山として知られる標高820mの霊峰・玉峰山の山懐から湧出する温泉。「薬効高き薬湯なり」と言い伝えられてきた奥出雲の古湯。

泉質:アルカリ性単純弱放射能温泉(低張性アルカリ性低温泉)
pH:不明
泉温:30.4℃

入浴した施設

  • 玉峰山荘(500円)

感想

JR木次線のトロッコ列車に乗ったときソバを買ったのが「亀嵩駅」。車で来たのは初めてです。玉峰山荘の設備は最高に整ってます。特に露天からの眺めが素晴らしい。「麺処しゃくなげ」の担々麺は人気と言うことで挑戦しました。ごまの風味が聞いてて美味しかったです。しかし,奥出雲の冬は厳しいですね。

ページの先頭へ
島根県の温泉へ
温泉トップへ