北川研究室 島根大学
和倉温泉(石川県 七尾市)

概要

七尾湾に突き出た弁天橋の先端に湧く,能登半島で最大の規模を誇る温泉街。開湯は古く約1200年前,海で傷を癒す白鷺の姿を見たのがはじまりとされる。高温で,湯量も豊富。飲用もでき,2倍に薄めて飲用すると胃腸病や貧血によい。能登観光の拠点として,また北陸で唯一の海の温泉として親しまれている。

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (高張性弱アルカリ性高温泉)
pH:7.66
泉温:87.1℃

入浴した施設

  • 総湯

感想

墓参りで金沢に来るたびに入りたかったのですが,30歳になって初めて入湯しました。良いお湯で気持ちよかったです。飲用は出来ますが,こちらは不味いです。良薬口に苦しでしょうか。

訪問 2002年8月

ページの先頭へ
その他の地域の温泉へ
温泉トップへ