千代田温泉(広島県 北広島町)

千代田温泉
温泉食堂 昭和62年の千代田温泉

概要

中国自動車道の千代田IC近く,芸北山地の田園地帯に湧く温泉宿。お湯は茶褐色で別名「赤湯」と呼ばれ,古くから保養の温泉として親しまれてきた。宿泊施設としては「激安」なことで有名。

泉質:単純弱放射能冷鉱泉(低張性中性冷鉱泉)
pH:6.5
泉温:16.6℃

入浴した施設

  • 千代田温泉(300円)

感想

鄙びた場所にある温泉宿泊施設です。赤濁したお湯はありがたく感じます。良い意味で「昭和」の雰囲気を感じることが出来ます。食堂も凄く安いです。カツカレーを美味しく頂きました。

訪問 2011年12月

ページの先頭へ
中国・四国地方の温泉へ
温泉トップへ