北川研究室 島根大学

 平成12 (2000) 年度 学内外での活動

地域コンソーシアム成果展示とプレゼンテーション (REGTEC2001)

2001年3月8~9日, 東京国際フォーラム (東京都)

REGTECは地域コンソーシアム研究開発事業による素材・材料,バイオ,情報・電子,機械・システムの技術分野の成果を公開する成果展示会です。我々は,「マイクロペルチェ素子による触覚ディスプレイの開発」の研究成果を発表しました。本事業は(有)ユニプラン,(株)ワコムアイティ,島根大学総合理工学部が地域における研究共同体制(コンソーシアム)を組んだ研究開発事業です。触覚ディスプレイは,パソコンの画面をペルチェ素子の発熱・冷却を利用して凹凸表示し,視覚障害者が装置表面に手で触れて画像を認識するものです。

第2回 夢・人・技術ふれあいフェア/2000 松江だんだん

2000年9月23~24日, くにびきメッセ (松江市)

研究室全員で,情報提供ゾーンにて熱電変換素子の展示を行いました。企業の方から,家族連れ,ちびっ子まで,多くの人が訪ねて来てくれました。

青少年のための科学の祭典 島根大会

2000年8月5~6日, 出雲ドーム (出雲市)

猛暑の出雲ドームにおいて『光を分解してみよう』『熱・電気であそぼう』の二つを出展しました。祭典は多数の来場者があり大盛況でした。ドーム内は蒸しぶろ状態。とにかく,暑かった♪

ページの先頭へ
活動の記録トップへ